HOME静置発酵について

当主こだわり静置発酵方

今も伝統の醸造法を守り続けているお酢の醸造蔵でございます。

江戸時代から醸造業が盛んな尾州 知多半島。
三井酢店は、この地で初代三井興三松(よそまつ)が
酢造りに出会ってから約100年。
今も伝統の醸造法を守り続けて、お酢を造っています。
ゆっくりゆっくりと―。
時間をかけてお酢を醸す当蔵のお酢造りは、時間と手間をかける子育てのようなものだと思っています。 肌で感じる温度や湿度をもとに、子どもの成長を見守るように、ゆっくりとお酢が醸されていくのを待ちます。
こちらでは、当蔵が代々守り続けてきた酢造りを
ご案内いたします。どうぞご覧くださいませ。

代々受け継がれたかけがいのないもの

こも

お酢をゆっくりと発酵させるための木桶「発酵槽」には、「菰(こも)」をかけます。季節ごとに必要に応じて「こも」の枚数を増やしたり、減らしたりすることで、温度の調整をするのです。 わらでできたこの「こも」は保温効果だけでなく、吸湿性、通気性に優れた天然素材です。使っているうちに湿ってくるため、すべて天日で乾燥をさせています。

土壁

醸造蔵の壁は、土壁です。外壁は板張りとなっています。酢造りに大切なのが、温度管理。ですが、この蔵には「断熱材」は使っていません。そして蔵の中にもエアコンもありません。
温度調節は季節やその日の天候をみて、蔵の窓を調節しています。もちろん一年中毎日のことです。自然のまま、酢を造ること。それが先代から引き継いだ財産です。

ふね

当蔵では、この地方伝統のお酢・粕酢を醸造しています。酒粕を水に溶かしたものをこの「槽(ふね)」で搾り、お酢の元になるもの(「すまし」といいます)をつくります。 この後、「すまし」は醸造蔵に移され、ゆっくりと発酵されるのを待つのです。

当蔵に代々続く醸造法 静置発酵法

お酢の元になるすましを造る

当蔵では、この地方伝統のお酢・粕酢を醸造しています。
私たちの搾り機である槽に酒粕を水に溶かしたものをいれた袋を層になるように丁寧に置いてゆき、この槽(ふね)で搾り、お酢の元になるもの(「すまし」といいます)をつくります。

最初の発酵過程:お酢を造る

蔵の中はこのようになっています。最初の発酵過程で約四十日、ここで酢が造られています。
写真にある木桶は「発酵槽」です。ここに「酢もろみ」と「種酢」を仕込み、表面に酢酸菌膜を浮かべてお酢を発酵させます。

酢酸菌は、空気に接している部分でしか働きません。お酢は表面のみ、つまり空気に触れているところでしか発酵をしていません。発酵槽の中では、自然と対流が起きています。お酢がゆっくりと循環して出来上がっていきます。そのために、出来上がるまでに日数が必要なのです。こうして時間をかけることによって、お酢にまろやかさや味わいが醸し出されてくるのです。

これが当蔵の酢酸菌です。

お酢は、お酒(アルコール)から造られます。アルコールをお酒に変えるのは「酢酸菌」という微生物のチカラです。この菌は酢造りではとても重要な役割を担っています。
この酢酸菌は、創業時から当蔵で活き続けている伝統の酢酸菌です。
この菌が持っている個性が、当蔵のお酢の味や香りになるのです。ですから、菌が住み着いている蔵はもちろんのこと、使っている道具もとても大切にしております。 私の酢造りは、主にこの酢酸菌が元気に働けるように見守ることなのです。

表面からゆっくりと発酵していきます。

醸造蔵の中にはエアコンはありません。温度管理は毎日、その日の肌で感じた温度を元にして、蔵の窓を調節することで行っています。朝、窓を開け、日が落ちたら窓を閉める。基本的には昔とほとんど変わらない方法で醸造をしています。当蔵では代々、「おまえが寒いときは酢も寒い。おまえが暑いときは酢も暑い」と言われてきました。計器だけに頼らず、五感を大切にする。それが当蔵の酢造りの基本です。

蔵の酢の発酵に適した温度に保たれます。

熟成過程:タンクでねかし、本物のお酢に

酢酸発酵が終わったお酢は、まだ出来上がりではありません。熟成タンクに入れて数ヶ月間熟成をさせます。実は、熟成期間中もお酢はまだ生きています。そのため、毎日朝晩お酢の様子を見て、これ以上発酵しないようにしています。ここでじっくり寝かせることで、よりまろやかな酸味が生まれます。熟成が終わったお酢は、殺菌、瓶詰めをして、お客様にお届けする製品になります。

お酢について

  • ごあいさつ
  • 静置発酵について
  • 会社概要
  • お酢の歴史
  • 酢の分類・種類
子育てのようにじっくりと

三井酢店

三井酢店は、愛知県知多郡阿久比町にて伝統の醸造法を頑固に守り続け、お料理の基本となるお酢・純米酢や、熟成した酒粕から造る・純粕酢、お酢が苦手な方でも飲みやすい飲む酢・果実酢などを、昔ながらの製法で子育てのように造っている酢造蔵です。

お送料・お支払案内詳しくはこちら

クレジットカード決済
下記のクレジットカードをご利用いただけます。
後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
後払い(コンビニ・郵便局・銀行)をご利用いただけます。
NP後払い
○このお支払方法の詳細
商品の到着を確認してから、「コンビニ」「郵便局」「銀行」で後払いできる安心・簡単な決済方法です。請求書は、商品とは別に郵送されますので、発行から14日以内にお支払いをお願いします。
○ご注意
後払い手数料:324円 ※5,000円(税別)以上お買い上げで手数料無料
後払いのご注文には、株式会社ネットプロテクションズの提供するNP後払いサービスが適用され、 サービスの範囲内で個人情報を提供し、代金債権を譲渡します。ご利用限度額は累計残高で54,000円(税込)迄です。
代金引換
【代引き手数料】324円 

※5,000円(税別)以上ご購入で手数料無料です。

●商品配送時に配送ドライバーさんに代金をお支払い下さい。(現金のみ)
●ご依頼主様とお届け先が異なる場合はご利用頂けません。
●代金引換はヤマト運輸でお届けします。

返品・交換について

●商品配送時に配送ドライバーさんに代金をお支払い下さい。(現金のみ)
●ご依頼主様とお届け先が異なる場合はご利用頂けません。
●代金引換はヤマト運輸でお届けします。

商品違い、郵送時の破損・汚損があった場合は早急に交換させて頂きますので、商品到着後1週間以内にフリーダイヤル0120-86-2044にご連絡下さい。(送料弊社負担、未開封に限ります)尚、お客様ご都合による商品の返品・交換の場合、送料はお客様ご負担でお願い致します。

商品違い、郵送時の破損・汚損があった場合は早急に交換させて頂きますので、商品到着後1週間以内にフリーダイヤル0120-86-2044にご連絡下さい。(送料弊社負担、未開封に限ります)尚、お客様ご都合による商品の返品・交換の場合、送料はお客様ご負担でお願い致します。

※予告なくパッケージ、デザイン、詰め合わせ内容などが変わる場合はございます。ご了承下さい。通信販売限定の価格・特典は、実店舗でのお取扱いはご容赦下さいませ。
※通話内容確認のため、録音させて頂いております。

送料のご案内
【送料全国一律】600円

お届け先1ヶ所につき、5,000円(税別)以上お買い上げで送料無料(当社負担)です。

●<送料無料商品>はご購入金額に関わらず、送料無料でお届けいたします。
※メール便お届け商品と通常配送品をご一緒にご注文の場合は、送料が必要です。
※沖縄・離島につきましてはお買い上げ金額に関わらず、送料1,000円とさせていただきます。
送料無料品ご購入の場合も追加送料500円(税込)を頂戴いたします。

【配送業者】

お品物は、以下配送業者よりお届けいたします。

お品物は<ヤマト運輸>または<ゆうぱっく>でお届けいたします。※配送便はご選択いただけません。

お届け日・時間帯を指定できます。

●お届け日、お届け時間帯ご指定承ります。
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。
※メール便配送品は除く。

●原則として、午前中までのご注文は当日発送しております。(休業日除く)
●天候、交通事情の影響によりお届けが遅延する場合がございます。
●配送は日本国内に限定させていただいております。悪しからずご了承くださいませ。

お問い合わせ
株式会社 三井酢店
通販事業部

〒470-2212 愛知県知多郡阿久比町卯坂字姥ヶ谷60-1
TEL:0120-86-2044 営業時間:9:00〜18:00
定休日:水曜日 FAX:0569-48-4475
メール:info@321su.co.jp

本社・醸造蔵

〒470-2212 愛知県知多郡阿久比町卯坂字下同志鐘1-10
TEL:0569-49-2211

ご提供いただいたお客様の個人情報は、商品の発送及びそれに付随する業務、お客様への弊社情報のご案内等に使用させていただきます。裁判所、警察機関等・公共機関からの提出要請があった場合以外、第三者に譲渡または利用することは一切ございません。 また当店では、ご注文時の情報伝達はSSLを使用しておりますので安心してお買い物をお楽しみ下さい。